メンズエステ体験談 エスレポ 美人セラピストとの出会いブログ

メンズエステ・回春・リンパ・アロママッサージ店の体験談・潜入レポートです。美人セラピスト発掘!人気店はもちろん、知る人ぞ知るメンズエステの名店・口コミ店どんどん潜入していきます!関西の大阪、京都、兵庫(神戸)のメンズエステの体験談ブログです。

2014年08月

こちらは池袋 メンズエステ 評価サイトです。

池袋 メンズエステ求人

池袋新人Mちゃんが可愛すぎる~!

S太郎です。 この度突入したのは、性感エステ倶楽部ー!

なんといっても、50分9000円 ホテル代2200円という安さ!(↑週エスの超・割引での話)

で、「とりあえず池袋来たから」という理由だけで凸してもなんら問題なし。

天下一品でラーメンを食した後、ほぼ向かいのビルの地下で受付。

いやー、池袋って怖いですよね。 素行の悪そうな方々がざわめく花の金曜日に不安な気持ちになりながら受付に。 受付の方も風貌は非常ーにお怖そうな方でしたが、何しろ丁寧ーーな接客で安心しました。

普通の風俗のように、写真で指名が無料で出来るので安心。 

業界未経験の子で、とお勧めされたまゆらちゃんをご指名ー。

近くの指定ホテルへ行くと、やはり花金の21時というゴールデンタイムだけあって、「これからかましたるで!」という意気込みに溢れた男性達が部屋の順番待ちをしていらっしゃる。

10分ほど待ってから室内へイン。 そこから電話をかけ、そわそわ待つ私。

結構、電話を入れてから来るの遅いものだけど、すぐ来て嬉しい。

しかも!

すげーータイプキターーーーー!!! 

顔が小さくて、スタイルよくて、肌が白くて、スレてるカンジが全く無いけどオシャレで、慣れてない感じ!! これは凄い!! しかも、話したら感じイイ。

早速、ベッドメイキングをするのでシャワーへ・・といわれてシャワーに。

シャワーを終えると、下着姿の彼女がいて、そのスマートな体つきにまた興奮・・ こんな子の前でポロリしていいんだろうか、という気持ちになる。

うつ伏せになりマッサが開始。 うむ!さすがにマッサは全然、上手くない(笑) 

風俗エステというだけあって、そこが重視ではないが、それにしても上手くない(笑) まあ、1ヶ月でも何人もの男性をマッサージするわけだから、新人さんだし全然OKですけどね。 

ちなみに、お店の方針なのか、風俗エステといえども、ここはエステの方と普通のヘルスを同時進行で経営しているようで、よく受付から今に至るまででも「エステの方ですよね?」と何度も聞かれた。

だから、逆に差別化を計る為にも、マッサージはちゃんとマッサージをして「癒す」という事にチカラを注いでいるような印象を受けた。 他の風俗エステはかなり適当ーって感じなのだけど、マニュアル的に凄くエステをしっかりしているように感じたのだ。

て事で、うつ伏せ・足から腰のマッサが終わったと思ったら、今度は頭上に彼女が来て、上半身のうつ伏せマッサージ。

上半身マッサージでは、パンティー姿の彼女の太ももに頭を乗せて・・ これは何か凄いイイ。 下着も白で本当に可愛いのだ。

そして、次が枕をお腹にあてて、少し腰を浮かした状態でのうつ伏せ下半身マッサージ。 

この辺から徐々にエロスが注入されてくる。 技術はないものの、こんな子が・・と思うと興奮する。

リンパの周辺からたまたまをかすりつつ、たまにつかみつつ、それでもやっぱりリンパマッサという、悪くない流れ。 なんかね、マッサはあんまりだけどこっちが上手いと、「エロい子なのね・・むふっ」と思ってしまうから余計興奮しちゃうのです。 素で相手も楽しんでるんじゃないか、なんてね。

50分でマッサも割としっかりやってくれたので早い段階で仰向けに。

仰向けになると、乳首の方を念入りにマッサ? して、徐々に下の方へ。

下の方はローショニングで、ここからは、じゃあ発射しましょうという手つきに。

ここの切り替えで少し萎えてしまったのでコチラも起き上がって自分でシコりながら彼女の下着姿を堪能し始める。

本当はデフォらしいが、ブラをこちらから外して生のオッパイを揉んだのが、自分的に興奮して、しかもパンティー一枚の姿が妙ーーーに興奮して、すぐ発射ーーー!

性格がむちゃくちゃいいので誰もが満足すると思います。


こちらもおすすめ↓

名古屋 メンズエステ
福岡 メンズエステ

まりな(27)



こちらもオススメ。五反田 メンズエステ 




大人の聖地、五反田もエスターが増えてきました
 
なでしこタイプも根強い人気ですが、今日のお珍棒様はソフトなサービスでは満足しなさそうです
 
まさに発情期でございます
 
中学生のような性欲が満ち満ちて、たまらずコンビニでエロ本を買っちゃいそうです
 
そんなヤングな興奮を落ち着かせるために選んだのは
 
続きを読む

このページのトップヘ